タカラトミーアーツ公式オンラインショップ e組

STAR WARS ドロイドトーク 2種

劇場公開された『スター・ウォーズ』シリーズ(エピソード1〜7)にすべて登場しているR2-D2。そして2015年に公開された『スター・ウォーズ/エピソード7 フォースの覚醒』でデビューし、その愛くるしい動きで新旧ファンの心をわしづかみしたBB-8。そんな2体のドロイドと気軽に会話ができる、ユニークなコレクションフィギュア「ドロイドトーク」がこちらです。彼らに向かって話しかけると、同じ長さのドロイド語で返事をしてくれるというユニークなアイテムです。

喋りかけるとドロイド語で返事をしてくれるのはもちろん、こちらのR2-D2とBB-8同士を近くに置いても、ドロイド同士でおしゃべりをスタート。見ているだけでも、思わずはほっこりとする機能も内蔵されています。またR2-D2は高さ約15cm、BB-8は高さ約12cmと劇中のサイズ感も再現。並べてディスプレイするだけで、『スター・ウォーズ/エピソード7 フォースの覚醒』の劇中で、R2-D2とBB-8が示す地図を重ね合わせると、行方がわからなくなっていたルーク・スカイウォーカーの位置が判明するという名シーンも再現することができます。

気軽にディスプレイできるサイズ感もポイント。デスクトップはもちろん、ちょっとした台の上や隙間にちょこんと飾ることも可能だ。いったいドロイド同士で何をしゃべっているんだろう……? 今後「ドロイドトーク」にC-3POが仮に販売されることがあれば、700万を超える言語に精通しているドロイドとして彼らの言葉を通訳してくれるかもしれない。と、そんな妄想ができるのも、本アイテムの特徴かも知れません。

映画『スター・ウォーズ』シリーズで、普通に喋られたり書かれたりしている“ドロイド語”や“銀河標準ベーシック語”。後者は翻訳方法などが、いろいろなところで確認できますが、“ドロイド語”は通訳なしでは理解不能・・・そのため、しゃべりかけた際に、彼らがどんな返事をしてくれているのだろうか?と、想像するのも魅力の一つ。いっぱいしゃべりかけて、ルーク・スカイウォーカーとR2-D2、ポー・ダメロンとBB-8のような強い絆を結んで頂いてはどうでしょうか。なにより、持ち主に従順な態度で接してくれるR2-D2とBB-8だから、ディスプレイしているだけで、いつでもそばにいてくれる感覚が味わえると思います。

SPACEOPERA << STAR WARS >> リモコンセーバー

STAR WARS ドロイドトーク 2種

話しかけた言葉に反応し会話できる、コミュニケーショントイ第一弾。

  • 商品名:STAR WARS ドロイドトーク BB8/R2-D2
  • 価格:本体4,980円(税別)
  • 本体サイズBB8:高さ145o×幅95o×奥行95o
  • 本体サイズR2-D2:高さ150o×幅100o×奥行100o
  • ©&TM Lucasfilm LTD

キャラクターを選ぶ


タカラトミーモールにてお求めください。

販売価格: 4,980円 (税込)

返品・交換について
お客様のご都合による返品・交換は受け付けておりません。ご購入の際は、写真、説明文など充分にご確認の上、ご購入下さい。
また、お届けした商品が万一事故などで、破損、傷が生じた場合など当社の責任に基づく返品・交換の場合は、商品到着後7日以内にご連絡をお問い合わせ窓口までお願いいたします。
※以下に該当する場合は、返品・交換を承れませんのでご注意ください。
・商品到着後7日を経過している場合。
・一度ご使用になった商品。
・当サイトでお買い求めでない商品(当サイト以外の方法で購入したもの及び他社で購入したものを除きます)。
・商品、商品の付属品、パッケージ、包み等の一部でもお客様により廃棄、紛失、破損、著しく汚されている場合。
・インターネット環境の何らかの理由による誤発注についてもお客様の責任とさせて頂きます。

HOMEへ商品一覧を見る